ゲーム・マンガ・アニメ・声優の高校

密着レポート! バンタンの学生たちが東京ゲームショウ2017に出展~Part2~

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017.10.17

 

9月21日〜24日に幕張メッセで開催された

「東京ゲームショウ2017」。

 

前回に引き続き、大盛況だったバンタンゲームアカデミーブースをレポートいたします!

 

今回展示されているのは、VRなどの技術を用いた

ゲームだけではありません。

 

株式会社サクセスが運営している大人気ゲーム

「英雄クロニクル」の学生イラストコンテストで

1位に輝いた学生たちの作品も展示してあります。

 

また「日本ゲーム大賞2017」アマチュア部門で優秀賞に選ばれたゲーム

「DOOR」も展示され、試遊することができるのです!

 

2450.jpg

 

2030.jpg

 

侵入者をはさみうちにして倒すゲームなのですが

実際に遊んでいくと、扉に鍵をかけたり、落とし穴を設置したりといった

ギミックが増えていき、新鮮な気持ちでプレーを続けることができました。

 

1470.jpg

 

ブースにはこの「DOOR」のほかにも、「日本ゲーム大賞2017」の

エントリーした作品が3つ展示!

 

2460.jpg

 

「Magnolia」はある星に生まれた2つの生命を操り、旅をする

ファンタジックな世界観に魅了されるゲームです。

 

1630.jpg

 

「ぐるぱら」はネジを回したり遠心力を利用したりして

フィールドを飛び回るアクションゲーム。

 

「マグネマン」は磁力で敵をはさんで遊ぶゲームです。

見やすいUIとボイス入りの操作説明にこだわったとのことです。

 

「日本ゲーム大賞2017」の出品作は「はさむ」がテーマでしたが

これだけ「はさむ」というテーマでいろんなゲームが作れる

というのはすごいですね!

 

ほかには、ニッポン放送の番組「ミュ〜コミ+プラス」の

リスナーさんのアイデアから生まれたゲーム

「ごぼうフェスティバル」

 

そしてバンタンゲームアカデミー高等部の学生たちによる

謎解きゲーム作品「White World」が展示されていました。

 

実際に試遊しながら

「高校生でこんなゲームが作れるんですね〜」と

感心している来場者の方もいました!

 

おかげさまでたくさんの方がやってきてくださった

バンタンゲームアカデミーのブース。

「試遊していきませんか〜!」と通りかかる人に声をかけたり

ゲームの遊び方をていねい説明したり大忙し。

 

「こうして僕たちが作ったゲームを

たくさんの人が楽しんでくれてうれしい!」

と目をキラキラさせて話してくれた、学生たちの努力に拍手です!

 

次の記事を見る

前の記事を見る

無料のパンフレットを請求しよう!
無料 2分で簡単登録
学校のパンフレットを無料配布中
よくある質問
このエントリーをはてなブックマークに追加