ゲーム・マンガ・アニメ・声優の高校

AppBank株式会社 取締役CCO マックスむらい講師来校!
今からでも遅くない!「動画エンタメ」を仕事にする方法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.12.12

 

バンタンゲームアカデミー高等部入学事務局です☆

 

今回のゲストは………

 

01.jpg

 

「YouTuberに俺はなるー!ではなく、動画にも色々な仕事があります。

YouTuberになることだけが動画エンタメに携わることではありません!」

と熱いマックスむらい講師。

YouTubeチャンネル再生回数累計18億回、言わずと知れた日本を代表するYouTuberです。

 

動画業界には様々な職種が。

 

02.jpg

 

演者……芸能人も続々参戦
企画者……意外と大穴!(演者に企画を売る企業もある!)
編集者……慢性的人材不足!
プロデューサー/ディレクター…慢性的人材不足!
事務所/プロダクション……中堅になると必要。でも大手になると?と持論を展開。

 

03.jpg

 

「今はアイドルがYouTuberになりたいという状況。現場を仕切れるプロデューサーやディレクター、そして編集者は引く手数多です。

この業界に関わるなら、ディレクター、編集者がオススメ。

ゲームアカデミーで学びながらディレクターや編集を目指すのもいいと思いますよ!」

と、アドバイス。

 

そもそも、どのようにしてマックスむらい講師は誕生したのでしょうか?その歴史をひも解きます!

 

04.jpg

 

マックスむらいが、マックスむらいになる前
「18歳のとき、渋谷のITベンチャーに入社して22歳で部長になりました。50人くらいの部下を率いていましたね。

写真を見返して我ながらすごく生き生き仕事をしていて。仕事=遊びにできるって大切な才能のひとつです

動画に関わる仕事に安定はありませんが、楽しむことがとても重要です!」

 

05.jpg

 

2008年営業マン→ ライターへジョブチェンジ!
上場企業の子会社の社長でありながら、天才営業マン。しかしiphone3Gに出会って「世界が変わる!!」とライターに。

いち早くスマホアプリ紹介に特化したブログメディアAppBank開設。

 

06.jpg

 

自分を変えるためにやった3つのこと!
「まず、場所を変えました。渋谷で8年間働いていたのに鎌倉に引っ越したんです。

次に、働く時間。村上春樹さんのインタビューを読んだら朝に仕事をするとあったので参考にしたんです。

3時半に起きて4時に地下室にこもり、ひたすら文章を書きました。

何故この時間かというと当時2時にアップルから最新情報が入ってきたので、朝イチに最速でアプリ紹介を配信しようと思ったから。

そして、人間関係を変えました。営業時代の4000枚の名刺を全部捨てて8年分メールをデリートしました。めちゃくちゃ良かったです。

この3つがなければマックスむらいはなかったと思う。ドラスティックにやったほうが色んなことが見えます」

 

07.jpg

 

2012年AppBank株式会社設立。鎌倉の線路沿いのワンルームから始まった
「引きこもってアプリのレビューを書く生活でしたが、プレゼンやトーク、会いたい人に積極的に連絡を取るといった会社員時代の力は、すべてAppBankに活かされましたね!」
そして、アプリの専門家として多数のTV番組からオファーがくるほどに。

「このときのモチベーションは、とにかくiPhoneを広めること!商売は二の次でした。

①よく喋る②態度でかい③物怖じしないのがウケたんだと思います」

 

運命の2012年 2月20日 パズル&ドラゴンズがリリース。そして迎えた2013年1月24日 女神降臨ニコ生!
『ゲーム実況はニッチ』『スマホゲームの生放送で数字とれるの?』という懐疑的な声をはねのけ、番組は大ブレイク!!

 

08.jpg

 

村井知健から、マックスむらいになる瞬間!!!マックスむらいデビューです。

ゲームが下手だった私が出た理由は、他のメンバーは緊張するので出たくないと言われたから

『カメラ慣れしてるし、村井でいいんじゃね?』となったんです。

ニコ生と差別化するためYouTubeでは日常プレイを公開しました。意識したのは『プラットフォームによって差別化』です」

 

画づくりも差別化!!
「MMORPGも、釣りよかでしょう。も無かったんです!!ここ、重要です。

なかったというのは、インターネットにめちゃくちゃ重要です!!

 

YouTubeにない動画を!
「動画を始めたとき、私のコンセプトは一人テレビ局でした。今や、YouTubeは絶対に避けられない王様プラットフォーム。

彼らは『好きな事で生きていく』というキャンペーンを打ち、YouTuberという職業を生み出したんです。

勝つ為には、プラットフォームが何を考えているのかを考えて動かなくてはいけません重要なのは、主語が『YouTube』だということ

 

09.jpg

 

マックスむらい講師の今後は?
「次にどのジャンルの動画にフォーカスが当たるのか?

自分の強みを活かせて、かつトレンドにも乗るのがいいです。自分で新しいトレンドを作り出せたら最強です

ちなみに、もしも自分が今からYouTubeを始めるなら2分くらいの短い動画を1ヶ月くらい投稿してみます

一定視聴者数をとれたら初めて自己紹介とかトーク動画をやってみますね。」

と、惜しみなくアイデアを伝授しました。

 

012.jpg

 

<質疑応答>
Q 最近YouTubeを始めました。登録者数が30人です。心がけることは?
「あなたがどう映っているのかを意識して。俺の話をもっと聞いてくれ〜!みたいな感じだと拒絶から入っちゃう。

ゲーム実況なのか音楽なのか?どのジャンルにするかを研ぎすまして!」

 

010.jpg

 

Q ディレクターにはどうしたらなれますか?
「『インターネット番組 制作会社』とかで検索してみてください。

小道具の買い出しから、みんなが仕事をできるようにするために動く『何でも屋さん』ですが人脈は増えます!」

 

011.jpg

 

Q YouTuberです。再生回数がのびる動画と自分が好きな動画が異なります。どちらを優先すればいいですか?
「2ジャンルのびているなら、2ジャンルを!何故なら1ジャンルが行き詰まったときに辛いから。

無理なら下手に動画を出さず、更新頻度を多少落としても構いません」

と真摯にアドバイス。

 

日本を代表するYouTuberの言葉に、参加者も大きくうなずいたり、メモを取ったり。

ゲストたちも、ここでしか聞けない有益なヒントを持ち帰れたはず!
マックスむらい講師、お忙しいところありがとうございました!

 

次の記事を見る

前の記事を見る

無料のパンフレットを請求しよう!
無料 2分で簡単登録
学校のパンフレットを無料配布中
よくある質問
このエントリーをはてなブックマークに追加